家庭文庫という聞き馴染みのない場所について、知る人は多くないだろう。清須市にもその場所が存在しており、地域の子どもやその親、そして祖父母世代までが利用している。自身の蔵書を週に一度開放し、地域の活性化に貢献するどんぐり小屋。どのような経緯で家庭文庫を開くことになったのか、主宰である久原氏に話を聞いてみた。


(詳しくはP04へ)

<<清須・あま版 最新号