昭和58年に開館した歴史ある、
まちの資料館
名古屋市のベッドタウン化が進み、田畑がどんどん減少するとともに変化していった人々の暮らし。これまで受け継がれてきた町の歴史文化を保存し、後世に伝える役割を担い開館した美和歴史民俗資料館を取材。  大人も子どもも、地元について楽しく学べる機会をつくる活動を積極的に進める職員にもインタビュー!
(詳しくはP04へ)

<<清須・あま版 最新号